2月6日(水)に3・4年生に向けて,2月22日(金)に5・6年生に向けて,ゲーム依存についての講話をSSWの山本先生にしていただきました。ゲームの悪いところとして,「やめられなくなる」「やり過ぎは脳によくない」など分かっているものの,楽しいからついつい・・・というのが子どもたちの本音です。ゲーム依存度アンケートを行い,山本先生と以下の4つのことを約束しました。

 

①ゲームをする時のルールを作る

②1日1時間までにする

③休みの日だけやっていい

④家族がいる前でゲームをする

 

 今では,ゲームがやめられなかったり,ゲームをしていないときにイライラしたりすることを「ゲーム障害」と呼ぶそうです。さらにオンラインゲームの普及により,終わりのないゲームの怖さを教えていただきました。

 保護者の皆様には,家庭でのゲームのルールを必ず作っていただき,お子さんが誰とどんなゲームをしているかについて把握していただきたいと思います。