学区の実態

 本学区は、西方に海抜およそ300mほどのなだらかな丘陵が、蔵王連峰に続く、東西約7km、南北約3kmのほぼ長方形に近い平坦な地形に位置しています。
 昭和30年、円田村と宮村の合併により蔵王町が誕生しました。縄文・弥生時代の頃からひらけたこの地域は、米や野菜だけでなく、果物の産地としても古い歴史をもち、年々生産が伸びています。特にナシは、県内随一の生産量を誇っています。
 生計は農業及び果樹経営を主体としていますが、工場等の進出により、兼業農家、また、共働き家庭が増加する傾向にあり、全体的に経済状態は安定しています。学校に対する家庭の関心が高く、教育活動には積極的な協力をいただいております。
 学区のほぼ中心に位置している本校は、少年野球、少年少女バレーボールなどの学校施設の利用頻度が高く、社会教育の面でも大きな役割を担っています。また、本学区は蔵王連峰を中心とした観光ルートの要衝にあるため、交通量が日々増加傾向にあり、交通事故の防止が重要な課題となっています。