学区の実態

 本学区は,西方に海抜およそ300mほどのなだらかな丘陵が蔵王連峰に続く,東西約7km、南北約3kmのほぼ長方形に近い平坦な地形に位置しています。
 昭和30年,円田村と宮村の合併により蔵王町が誕生しました。縄文・弥生時代の頃からひらけたこの地域は,米や野菜だけでなく果物の産地としても古い歴史を持っています。特に梨は,宮城県内随一の生産量を誇っています。
 

   学校教育に対して,保護者や地域のからは積極的な協力をいただいております。総合的な学習の時間をはじめ,読書の時間における読み聞かせや放課後の学習教室の開催など,地域の皆様からの温かいご支援ご協力により,子供たちの豊かな体験活動が支えられています。